PSVR

ここでは、「PSVR」 に関する記事を紹介しています。


他サイト様の更新情報


PSVR向けにリリースされる「スカイリムVR」の国内発売日が12月4日に決定しました!





体験会の様子を少しだけ確認できる動画はこちら


体験会ではポイントジャンプでの移動をしていますが、PVでは自由移動もしていますね。好きな方法を選べる感じかな。
今だとVR向けタイトルは少しだけ遊ぶようなタイトルが多く、一番長いストーリーでもクリアまで10時間かからないくらいのバイオ7かなという感じですが、スカイリムの登場で一生遊べるVRタイトルがついに出てくるかもしれませんね。
しかしMove2本でどうやって操作するんでしょう。無印スカイリムとどれくらい調整を変えてくるのか・・・発売は12月か、考えておかねば。

スポンサーサイト
PSVRで発売される「Megaton Rainfall」が海外向けにロンチしました。それを紹介するトレーラーが公開です。
当ブログでは兼ねてより紹介していたスーパーヒーローシミュレーターとなる本作。スーパーマンのように空を飛び回り、シームレスに宇宙へ飛び出し、またシームレスに各地の戦場へ飛び込み、更にはアイアンマンのように手のひらからレーザー弾を放ち、



今回のトレーラーの中では数々の賞を取っていることがアピられていますが、実際高評価を受けている良作のようです。
これは是非日本でも来てほしいですな・・・実際今年中に配信される予定のPC版では日本語の対応がされているとのことなので、ローカライズはされているはず。
ということは日本での配信も期待できそうですな。

現在スマートフォンにて覇権クラスで配信されている基本無料ゲーム「Fate/Grand Order」のヒロインであるマシュ・キリエライトとVRで邂逅する激アツタイトル「Fate/Grand Order VR」についての続報が昨日のニコ生で発表されました。

Screenshot_12_20171015105832374.png

なんと無料配信。
配信日のスクショは取れませんでしたが、12月6日の配信だそうです。
いやぁ無料配信ですか・・・いいの?って感じですね。それが出来るほどスマホの方で儲かってるってことか。アニメ化もしたしね。
個人的にはお金をだして深くマシュと仲良くなりたいのですが、無料でどれだけ遊べるのか。
とにかく楽しみです。

PSVRでいよいよ今月26日配信となる「クーロンズゲートVR Suzaku」の発売決定アナウンストレーラーが公開されました。






むきえびを集めて念写して思い出探し・・・奇ゲーらしいキーワードですねw
視覚的にもクーロンズゲートらしい不気味さがばっちり表現されています。
クーロンズゲートを好きな人はもちろんおすすめですが、ホラーは怖いけど非現実的な世界を歩いてみたい・・・という人にも良さそうな作品ですな。

音だけを頼りに行動する盲目ホラー「Stifled」が、海外向け発売日が決定しました!
配信は10月31日。VRにぴったりの新機軸ホラーとして話題を呼んだタイトルです。

36990290263_9d2efa2512_b.jpg

真っ暗闇を歩く主人公。音響でわかる地形のみが攻略の鍵になっています。
(ファミ通の人がデモ版をプレイした様子)



この動画のようにゲームの臨場感を高めるために自分の声でプレイすることも出来ますが、実際のゲームプレイではボタンで音を出すことも出来るので、家で声を出せないというユーザーでも心配なく遊べるようになってるとのこと。
これは日本語版出るんですかねぇ・・・かなり怖そうですが面白そう。

ソース

明日より発売の始まる新価格&新型のPSVRに併せてか、PSVRタイトルのビッグセールが開催されました!!
533c73b6-0c10-4a2a-874d-72c231eb04a9.png

予定では昨日から始まっているはずだったのですが、ストアの接続不良で今日からのスタートになっています。

VRタイトルならほとんどセール入ってるんじゃないんでしょうか!
サマーレッスンにバイオ!
Screenshot_10_20171013111706d21.png

他にもホラーやパズル、デート映像にカイジゲームは大幅値下げ!!(PS+会員限定)
Screenshot_11_20171013111747656.png


めちゃくちゃあるのでストアのページをチェックしてもらうとして、個人的におすすめを挙げると・・・
バイオハザード7→超絶ホラー、現状最高の作品。VR体験でホラー映像をみたいだけなら100円の「キッチン」もありかも。Moveいらないタイトル。

Moveが二つあるならスーパーホットVRが良い。
映画のマトリックスのようなスローモーションアクションを実体験できるタイトル。敵の銃弾を避けまくって敵を倒すようなゲームで、自分でパンチしたり銃を奪って射撃したりナイフを取って斬ったりそこら辺に落ちてる日用品を投げて攻撃したり、最も臨場感のあるVRタイトルの1つ

アンアーシングマーズ(Move2本使用)は画質やキャラ造形こそ微妙なものの、安価でなかなかおもしろい体験をさせてくれるタイトル。

Rezはコントローラーのみでプレイ可能。従来ステージをクリアした後に入れる最新ステージのVR没入感は最高。


他にも多数ありますが、割りとジャンルは揃っていますので、欲しいのはここで抑えておきましょう。
メールを受け取っている人なら20%オフチケットも届いているはずなので、それを含めて普段より大幅な値下げで買えるかもしれませんね。
俺もジャカジャカ買おう・・・どれ行こうかな・・・

PSVR向け新作「The Invisible Hours」の配信日が海外で決定したようです。
10月17日、ヨーロッパで発売開始です。

なんでも劇場没入型のVR体験が用意されており、プレイヤーはVRシステムを使って連続殺人事件を解くために証拠探しなどをする内容。
イベントシーン中も動くことが可能で、プレイヤーがどこで何を見ていたかで展開が変わったりもするんだとか。



いいですねぇ・・・推理モノのVRはまだありませんし、是非日本でも配信してほしいのですが、こういうストーリーは翻訳も大変だろうし、中途半端な翻訳だと途端につまらなくなるしね。
日本の開発じゃこういうのは全然出てこんし・・・
日本のVR対応ソフトは結構増えては来てるけど、やっぱりまだまだ欲しいよね。多様な体験が出来るタイトルがほしいぜ・・・