FC2ブログ
プレイステーション系ゲーム情報ブログの大手(嘘) 毎日更新中。

☆新ブログが出来ました☆

アクセスはこちらからどうぞ



他サイト様の更新情報


PS4にてリマスターされる「龍が如く3」のPVが公開されました。
どうやらセガは3~5をリマスター発売するようですね。



元々キレイなのとリマスターで今でも見られるのはあるんだけど、やっぱり時代を感じますね。
極シリーズのゲーム性の進化が無いのですが、まぁ元々古いゲームでも無いし良いのかな。
そういや今作には龍6に出てきた声優(芸能人)が二人くらい被ってるんだっけ。

PS4などで発売される3D武器格闘ゲーム「ソウルキャリバー6」
毎作品豪華なゲストキャラクターが登場する今作のゲストにはゲームオブザイヤーRPG「ウィッチャー」の主人公ゲラルトの参戦が発表されています。

ですがここに、PS4限定でFF7から主要キャラ3人を登場させるというまさかのリークが登場しました。


問題の画像はこちら
Screenshot_2.jpg

この画像はE3のステージスケジュールを書いたものだそうで、それがどこからかリークされたという形になっています。
で、確かにあります。ソウルキャリバー6のところ見てください、専用コンテンツとしてクラウド、ティファ、セフィロスの文字。
動画ではこの他、同社の鉄拳にFF15よりノクティスが参戦していること、それから昔のソウルキャリバーのインタビューで「実はPS2版のゲストキャラにクラウドを置きたかったが、いろいろあって平八が参戦した」と話していた事を根拠として信憑性にしていますね。

本当だったらエアガイツ以来の快挙ですよ。それにマジでPS4オンリーコンテンツだったら他機種絶対勝てないでしょ。
これはE3での注目タイトルが一つ増えましたね・・・ともあれ紛れもないリーク情報です。根拠があろうと公式からの情報が出ない限り偽物の可能性を十二分に考慮しておくべきですな。

PS4にて発売される和製インディゲーム「吾妻邸くわいだん」の紹介です。
プレイドージンより登場する今作はいくつかのPS2タイトルを思い出させる内容です。



グラフィックや4:3のゲーム画面構成はPS2を意識しているのでしょうか。
3Dアクションゲームとしての様子と、ポイントクリックADVの要素を組み合わせた新基軸のゲームになっているようですね。
これはなかなか面白そうだけど、値段は3240円とインディとしては少し強気です。それだけ要素が込められているということでしょうか。

発売は6月15日。和テイストの3Dアクションホラーっぽい作品ってなかなか無いし、クォリティ次第で需要を満たすことが出来る作品になりそうですな。

PS4で発売される人間とロボットの関係性を描くアドベンチャー「Detroit: Become Human」のショートフィルムが公開されました。
今回の動画では「人間に入れ替えられるアンドロイド」の存在を描かれています。



議論を呼ぶテーマです。だからこそ魅力的なタイトルになっているんでしょうね。
最後の言葉が全く違ったことで、今作の主人公たちが生まれているわけですな。
ペルソナを限定版買っちゃったのにこっちもプレミアム版買っちゃったよ・・・

PC、Steam向けなので全くPS4には関係のない話なのですが、ウォーキングシム「ノスタルジック トレイン」の紹介です。
多分はじめての「日本の田舎」を舞台にしたオープンワールドタイトルとなっています。



日本の田舎のゲームといえば「ぼくのなつやすみ」ですが、今作のようなガチリアル路線では無かったですからね。
この感じだとPS4で出た「幸福な消失」のような内容になるっぽいですね。
今作はインディタイトルとして畳部屋というチームが製作を手がけていますが、これは是非金を出してもらえるパブリッシャーに支援してもらってPS4でもリリースしてもらいたいかな・・・どれほどの内容になるのかはこのトレーラーからではわかりませんが、雰囲気のある廃村散歩が出来るならすごく興味深いです。

大人気のタクティカルシューター「レインボーシックス シージ」の新マップにアサシンクリードの象徴的アイコン「アサシン教団の紋章」が隠されているんだそうです。

次回大型アップデートを紹介したトレーラーがこちら


で、これの冒頭にちらりと映った教団紋章
Screenshot_1.jpg

同じUBIのタイトル同士ではありますし、そこから仕込まれたイースターエッグなのかな。
なんらかの形でコラボする前触れでも面白いんですが、普通にこのマップが「アサシンの末裔の邸宅」みたいな裏設定でも面白いですね。
とはいえトム・クランシーの原作がある作品だし、設定から入れ込んでは来ないかな・・・?

先日非公式のものを紹介したソウルキャリバー6の吉光ですが、これの公式版がリリースされたので再度紹介します。

今回はボイスも日本語。安心安定の吉光、若本さんです。


やっぱこうじゃなきゃねぇ・・・