FC2ブログ

PSMeeting実況中、増えてきたので2記事目

ここでは、「PSMeeting実況中、増えてきたので2記事目」 に関する記事を紹介しています。
クリエイターさんの話から続きです、名越さんから
続きでどうぞ

セガ 名越さん
「こんにちは、緊張します
NGPは良い意味で隙のないハードで、開発者としても緊張します
インターフェイスがいい、幅広い、通信環境がすごいです、3Gを対応した潔いハード、コンピューターとしてすごい
これで何かできなかったら言い訳できないよねってハード
龍が如くENDを10日間でNGPに移植してみました。(ムービー流れる)
PS3で動いてたゲーム部分はNGPに丸ごと乗っかりました、全部です。
PS3とNGPどっちでも開発頑張ります、よろしくおねがいします」

コーエーテクモ 鈴木さん(オメガフォースの人)
「NGPはインターフェイス、通信機能、多くの面で新しいです。
こちらも新しいタイトルを用意しています。
私はテクニカルデモを持ってきました、背面タッチを使った一騎当千アクションです
(ゲーム画面)タッチパネルを使って敵を選択し、一気になぎ倒すアクションです
(視点はバイオ5みたいなビハインド画面になってて、選択すると演舞みたいに倒す)
NGPを盛り上げるようにアクションをかけていきたいと思います、ありがとうございました」
途中切れてわからなくなってしまった

コナミ 小島監督
「今日はタイトルの発表はありません
まずは最初に、NGPでの実機映像をごらんください
(MGS4のムービー)((メタルギアMk-2を披露する序盤のイベントシーンのデモ))
(全く遜色なくおなじムービーが流れてる)
いかがでしたでしょうか、この映像はPS3の環境を機械的にNGPに持ってきてリアルタイムに流しているものです。
若干処理落ち気味ですが、全くそのままです。
最適化すれば同じものを作れそうです、これはもうPS3とほぼ同じですと。
昨年、PSP用にピースウォーカーを発表した時に言いましたが、クラウドコンピューティングになると言いましたが、どこでも継続してプレイできるようになるということで~~~プラットフォームを超えて同じゲームを遊ぶ、こういうことを実現したい
グラフィックを綺麗にすることか、どこでも遊ぶことか、通信環境があることか、そういった事もふくめて。
家にいるときはPS3で大画面、外に出るときはNGPで、帰ってきたらPS3で大画面で
同じゲームをどこでも遊ぶことができるようになる夢を、僕は叶えようと思っています。
できればE3くらいで発表します」
小島監督の話がマシンガンすぎて頭の中で途切れてしまったので文章がよくわからなくなってしまいました
まぁニュアンスで感じとってもらえたらと・・・。


Epicゲームの人
「(アンリアルエンジンのデモ画面)このゲーム機はとにかく素晴らしく、持ち運べる~~~~マシン
従来の携帯型端末と比較しても4倍の能力
開発者の立場としてもSCEのコンソールは本当に素晴らしい
メモリーの効率的な管理も可能
(ゲーム画面)もともとPS3用に開発してたゲームですが、そのままNGPに移植できました
クォリティやキャラやグラフィックなど、PS3と全く遜色はありません、更にタッチパネルなどの搭載でプレイビリティも圧倒的に向上しました。
このコンソールでコンテンツを携帯機向けにそのまま持ち込むことが可能になった
我々エピックのアンリアルエンジンを使ったNGPタイトルを期待していてください」
途中聞き逃してしまった

アクティビジョンの人
「ゲーム界のリーダーであるソニーと我々アクティビジョンは数々のすばらしい作品を作ってきました
その関係の新たな展開はNGPにコールオブデューティーを登場させることです
新たな究極ゲーム体験をコールオブデューティーで体験できるでしょう
これで次世代ゲーム機を新たな次元へ持ちあげるでしょう。
有機EL、デュアルスティック、2個のタッチパネルやスペックなどは無限の可能性を秘めているでしょう
みなさん同様我々も非常に興奮している、NGP版CODの発表をお待ちください。」
ゲーム画面無しかよー!残念!

NGPの参入社一覧がでてるけどめっちゃ多いこれ、映画のスタッフロールみたいになってる

真のエンターテイメントとは何かを追求し、NGPは達成します

「手のひらの上の革命を起こしたいと思います」

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/1358-c67b3b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック