FC2ブログ

今とだいぶイメージの違うダンボール戦機の初期PV。カズがバンダナ、戦闘はRPG?

ここでは、「今とだいぶイメージの違うダンボール戦機の初期PV。カズがバンダナ、戦闘はRPG?」 に関する記事を紹介しています。
とうとう発売されたダンボール戦機、ずっと昔のPVを持ってきました。
キャラクターのイメージなどが違ったり、LBXの名称などもかわっています。
そして何より一番違うのは"戦闘がRPG"だったということですね。

2008年PV

一番最初に発表されたもの。
このときでもコアパーツなどをはめ込む画面が全く違っていて、3Dモデルを使ったものになっています。
もし実機でこんなのが使われていたら相当ロードが長くなっていたかも。
また、カズの見た目がかわっています、バンダナしてますね。
マップ移動でも仲間キャラがFFやドラクエのように追従してくるタイプを採用しています。

2009年PV

こちらでは戦闘システムなども見る事ができますが、詳細はわからないものの今のようなガンダムVS.シリーズライクの戦闘システムではなく、RPG風味な戦闘を繰り広げています。
若干コアパーツ装備の画面もかわっていて、2008年PVでは両腕単位でのパーツ換装が片腕単位になっています。
そしてゲーム内でも使われているアニメーションが出てきますが、その中でアキレスは"アキレス/V"という名称に。さらにハンターはソルジャーという名前になっている他、少しだけ聞こえるカズの声が明らかに浪川大輔さんの声ではありません。バンダナも継続していますし。アミも井上麻里奈さんじゃないですね、もう瞬時に察知しましたよ。

最新PV

こうして見ると、2008年発表時は2009年発売予定、2009年PV時は2010年発売予定、そして2011年に3月17日に発売が決定するも"面白さをさらに詰め込むため"に5月末に延期、そして震災が起きてようやく6月16日の発売にこぎ着けた訳ですね。
波瀾万丈でしたが、その面白さは本物、子供から大人まで遊べるレベルファイブらしい手堅い作品になっています。


蛇足ですがレベルファイブのゲームは、初期と比べ発売時には一気に洗練されていくのが面白いですね。
白騎士物語も初期は別ものでしたし。
ダンボール戦機は発売後も大好評でアマゾンでは売り切れ中、どこも品薄となっています。





関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いやー、勉強になりましたー
2018/09/12(水) 08:39 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/1780-2bc53737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック