FC2ブログ

TGS2014で気になった話や来場者数の話、まとめきれなかったことなんか。MGSV:TPPの話はどう思う?

ここでは、「TGS2014で気になった話や来場者数の話、まとめきれなかったことなんか。MGSV:TPPの話はどう思う?」 に関する記事を紹介しています。
TGS2014の様々なステージイベントやら話題の話を簡単にまとめます。
記事にするほどでもないなーと思った事やツイート程度だった内容も。

とりあえず今年の来場者数の話から。
Gamerさんにて表に起こされていました。
スクリーンショット 2014-09-22 12.38.53

今年は発売間近のビッグタイトルも無かったためかここ5年間毎年更新されていた「最大来場者数」をストップ、歴代2位という結果だったそうです。
今年はファイナルファンタジー15、ドラクエヒーローズにMGS5TPPが大きかったイメージなんですが来年には何が出てくるんでしょう・・・FFとMGSあたりは最悪来年も目玉タイトルとなる可能性もありますかねぇ。

そして続きからでいろんな事の話。

ードラゴンクエストヒーローズ、紹介プレイ時のレベルが最初のドラゴン戦でレベル8→ギガンテス戦でレベル11に
スクリーンショット 2014-09-22 12.48.27

ドラゴン戦では適正レベルという感じで良い戦い、ギガンテス戦では完全にレベルが足りておらず2回のプレイでどちらも開発者の方がやられてしまうという結果に。(一撃で3割ダメージとかもらってたからどうしても11レベルを出したかった感じ)
開発者「11レベルで勝つのは無理」
このプレイが公開された次の日には「話題の11レベルでリベンジします」発言
何故8から11なのか?ということですが、ドラクエファンなら予想がつくはず。プレイステーションで最後に発売されたドラゴンクエストがドラクエ8、それからしばらく3DSで発売され、次回作のナンバリングは11になります。
これについて「PS4で11が来る事の暗示だろ」と話題になり、開発者の方がその言葉を拾った形になりますね・・・うーん意味深。




PSVITA他でリリースされるワールドエンドエクリプス
スクリーンショット 2014-09-22 12.52.10スクリーンショット 2014-09-22 12.52.36

ゲームの動画は見れなかったけどスクショではちょっと面白そう。簡単アクションゲームで開発率70%とか。
スマホなんかでもリリースされるけどPSVITA版は少しやってみたい。




ーセガステージではファンタシースターノヴァの新しい体験版を用意することを発表
製品版に引き継ぎ可能な「序盤体験版」を11月にリリース、製品の発売は11月27日との事
体験版、製品版では以前のアクション体験版では不可能だったPSVITATVにも対応する
初回特典にPSO2で使えるコード、友達が30%安くDL版を購入できるDLコードも付属
エンドオブエタニティのリーンベルがが登場、スタオー4、ヴァルプロともコラボ



ー共闘ゲームの大会が開催、勝ったのは大阪チーム
トーナメントで戦い、ボスの討伐などでチームごとに計測したタイムが短かった方が勝ちというルール
ラストでは東京チーム対大阪チームでフリーダムウォーズが種目になって終了
大阪チームは討鬼伝極で規定レギュレーションの中カゼヌイを2分少しで撃破、金砕棒3&手甲1というガン攻め装備で相手チームを圧倒。
東京チームはソルサクデルタで超難関ボス相手に作戦勝ちで勝利し、どちらも本当に上手かった。



メタルギアソリッドステージにて、ファミ通編集者が大胆予想→監督「発売前に当たってしまった」
メタルギアラストステージにて大塚明夫さん、杉田智和さん、三上哲さん、ステファニーさんなどの声優陣にアートディレクターの新川さんなどを迎えたトークショーにて。

ファミ通でMGS関連の本などを出版した矢野さんという方がゲストで「MGS5について大胆予想します」という事で始まったコーナーで、これまでのメタルギアには何かしらテーマがあった事を最初に指摘。(GENE、MEME、SCENE、PEACE、SENSE、RACE)
これが全てEで終わる単語で今回はVで始まると予想を立てる矢野さんは、今回のテーマを「VOICE」だと指摘。
何故かという補足には「MGSは全て現代も反映していて、ゲーム内は昔の話でも必ず今現在の私達の世界を反映したストーリーにしてる、現代はソーシャルサービスやブログなど、とにかく文字を読む事が多くなったから声で人と交わる機会が少なくなった。またゲーム中にもクワイエットには声が無いし、スネークの口数も減った」みたいな話。
ちなみにスネークの口数という話題も直前に出ており、監督「(侵入して来たクワイエットを閉じ込めるシーンで)これまでのスネークなら『大丈夫そうだから入れておけ』というが、今回のスネークは『入れておけ』しか言わない。これだけの言葉で感情を表現するのは長年スネークと連れ添って来た大塚さんだけ。多分MGS1の頃だったら出来ない」という事を話していました。
これを踏まえて今回のテーマに"VOICE"では、という矢野さんの大胆予想に監督・・・
「当たりです!!」
と発言・・・その後「発売前に当てられてしまいました」とも。
ただ言い方が・・・少し茶化し気味だったように感じるんですよね。
否定したり正したりしない分小島監督のミスリード狙いというか、遠からずと言った答えで濁したようにも感じたんだよなぁ。
矢野さんは「クワイエットもキーマンになりそう」という事でこの話を補足したのですが、その前のイベントでは「MGS5は進め方次第でクワイエットやDD(スネークの相棒のわんちゃん)に出会わない人もいる」みたいな事を発言されてたんですよ。
となれば物語上のキーマンとは呼べないですよね。
んー、まだ小島監督のユーザー騙しが続きそうな予感w



ーブラッドボーンαテスト、色々と情報公開
スクリーンショット 2014-09-21 16.57.44

突然決定したブラボーのアルファテスト情報。
条件がいくつかあり
・PS+に加入していること
・9月24日から9月28日までの間に応募券をダウンロードしておくこと
・上記を満たして抽選される
と、抽選までしてやっと漕ぎ着けるみたいですね。
海外でも募集されているらしいのですが、その内容がなんと「ソウルシリーズのトロフィー獲得率」だとかいう噂も。
日本での抽選にもそれが加味される可能性はあるかもしれませんね、ダクソはプラチナ取ったけどダクソ2は80%くらいだったか・・・当たると良いなぁ。
公式はこちら



もう一度続いてブラッドボーン、TGS体験会でのクリア人数はわずか41人
TGS期間中、4日間に渡って行われた体験会ですが、最初のビジネスデイでは750人が挑戦、クリア人数わずか5人。詳しい母数はわからなかったけど多分2000人くらいは挑戦できたはず?
レギュレーションとしては15分の間に4種類のキャラクター(全員所持武器が違う)の中から一人を選び、死ぬと最初からのステージをボスまで倒す事。
100人までのクリア見込んでいたらしいが半分にも満たなかったそう。
ソニーブースのラストステージでの開発者によるブラッドボーンプレイで同じステージをプレイすると、7分ほど残してギリギリクリア。時間には余裕があったもののボスが強くて大変そうだった。
ちなみにこのTGS体験版は営業部の人間は誰一人クリアできなかったらしい。




なんかまだまだ書きたい事あったはずなんだけど色々書いてたら思い出せなくなって来た・・・
まぁ大体そんな感じで!今年もなんだかんだで楽しかったね、あんまり新しい情報はなかったけど。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/4515-547a5508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック