ぷれあい的ゲームオブザイヤー2015

ここでは、「ぷれあい的ゲームオブザイヤー2015」 に関する記事を紹介しています。
1451282552.jpg

今年も暮れますねぇということで、去年から恒例化しようと思い始めた「ぷれあい的ゲームオブザイヤー」です。
ただでさえPSしか触らない&買うソフトもそれなりということでかなり偏りがありますが・・・
選ぶのに迷ったノミネートタイトルと、受賞作という形で色分けしてきたいと思います。

ベストアクション・アドベンチャー賞

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城
無難な出来。ドラクエらしさと無双らしさが共存していて、適度に歯ごたえのある難易度も良かった。
ただ高水準で遊びやすいタイトルという印象で、ぐっと来るものは無かったのでノミネートという形で讃えたい。

龍が如く0
ラストが肩透かし、で2作続いてしまったシリーズだったが見事に盛り返したなという印象。ストーリーが全体的に面白くてすっきり決着がついた作品。でもノミネート。

Until Dawn 惨劇の山荘
インタラクティブアドベンチャーとしては今年はこれ一択。やはりこの形式のゲームは人を飲み込む・・・没入感が非常に良かったので好印象。表現規制はあったけど、それでも楽しかった。ノミネート。

メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン
最高の一本。MGOも含め、発売からだいぶたった今でも起動するタイトル。ムービーの削減は残念ながら、奥深すぎるストーリーとプレイヤー側のミスリードの連続・・・考察して初めてわかる「真の犯人は"あいつ”じゃないかもしれない」というゲーム外での驚きも含めこのゲームには相当な時間を費やしている。至高のアクションアドベンチャー。当然大賞。



ベストロールプレイング賞

フォールアウト4
発売日にスルーと思いきや結局購入して、案の定ドハマり中。ただプレイ時間がまだまだ少ないので選評には足らずと考え、とりあえずノミネートという形で。街づくり、探索、考えただけでもワクワクしてしまう。

ファイナルファンタジー 零式HD
PSPで中途半端にプレイしていたので、今回HDで初クリア。こちらもストーリーが秀逸。
キャラ、世界共に魅力的で、最近のFF作品の中では一番ストーリーが好きかもしれないと思った。多少難解な面はあるが13ほどでもなく、1週目でも響くものがある。死を強く意識した題材が素敵な一本。でもノミネート。

フェアリーフェンサーF アドベントダークフォース
去年のオメクイにつづいて今年もコンパちゃんRPGをノミネートに。新シナリオはPS3版ユーザーの俺にはとても好印象。プレイ感覚もサクサク進められていい感じで、意外と悪いところが無いタイトル。応援の意味も込めて。

Bloodborne
当然ながら今年のRPG何か一本と言われればこれしかない。至高の一本。
ダークソウルよりも方向性を絞ったことでシンプルでシビアなゲーム性になっている。敵を倒す、ダンジョンを攻略する、アイテムを入手する、ボスを倒す・・・全てが達成感に直結していて、プレイしている時ののめり込む感覚は、その感覚をも忘れてしまうほどのめり込まされる。でもぶっちゃけ・・・DLC買ってなくてごめん!




ベストリメイク&リマスター賞

アンチャーテッド コレクション
やっぱりなんといってもアンチャ。何度プレイしても面白い。チート未搭載だった3作目でもいくつか搭載してくれていたり、アート面のパワーアップ、60fpsでの表現・・・PS3で未プレイなら是非プレイすべき作品。最高のアドベンチャー体験になる。

GRAVITY DAZE リマスター
PSVITAの名作を見事にPS4対応させたタイトル。ジャイロ機能を使っていた部分の操作にもPS4コントローラーにしっかり対応させてプレイのしやすさが大幅に上昇している。今作の安定感は2にも期待が持てるというもの。こちらも未プレイなら是非。

ゴッドイーター リザレクション
上記2タイトルとかなり迷ったが、ほぼ新作というレベルまで作りなおしたゴッドイーターを大賞に。
ゴッドイーター2で大きく偏ってしまった戦闘バランスを引き戻したようなタイトル。2でのブラッドアーツを排除したことにより戦闘での行動の幅を増やし、攻撃は流れるように捕食を挟み、回避はより華麗にというプレイが可能になった。ストーリーも他の狩りゲーとは一線を画している。特筆すべきは「狩りゲーの自キャラは喋らない」を覆したタイトルの元祖であり、やはりそのシーンはいま見ても熱い。



ゲームオブザイヤー
メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン

GOTYはこれに決定。コナミじゃなくて小島監督へ捧げたい。
やっぱりどの要素をとっても面白いとしか言えない。ストーリーに関しても未完未完と言われているが、現状の情報や状況だけでも考察すると「小島監督天才すぎ」に行き当たってしまうほど練られている。
省かれた要素についても「無いから残念」というより「あったらもっと面白いだろうな」という感覚。
MGO三もそれなりに調整されて賑やかに遊べるような感じになってきているので、(主に会社のこととか)細かいことはあまり考えずにまだまだ遊びたいと思う。




というわけで・・・載せきれないタイトルが多いけどまぁこんな感じかな。
VITAのタイトルも探したんだけどどれも「そこそこ面白かった」くらいの感想しか無くて別に書かなくてもいいかなって程度でした。
実は今年はコールオブデューティもアサシンクリードもスルーしてしまったし、ウィッチャー3も触れなかったんだよね。フォールアウトはギリギリ滑りこんだけど、その分和ゲーを買ってるから国内メーカーの応援にはなってるかな・・・。
来年はしょっぱなから龍が如く、ドラクエ、ちょっと待てばスタオーにダクソ・・・濃い一年になりそうなのだぜ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
なんでや!ネプテューヌVⅡがないやんけ!(FFFがあるからか?)

個人的にネプ以外で面白かったのはEDF4.1かな、面白すぎて540時間もやってしまった。
ブラッドボーンも思いの外楽しめた。
とにかくいい一年だった。
2016/01/01(金) 00:40 | URL | やゅい #-[ 編集]
ネプと悩んですけどバランス感でFFFにしましたw
今年も濃ゆい1年になりそうですねぇ。
2016/01/01(金) 00:49 | URL | がらむまさら #-[ 編集]
生粋の糞ゲーマニアやん
2016/01/01(金) 16:07 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/5635-5f0eca76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック