バレットガールズ2のゲーム内で使用できなかったシチュエーション画像が完全にERGwインタビューが面白いw

ここでは、「バレットガールズ2のゲーム内で使用できなかったシチュエーション画像が完全にERGwインタビューが面白いw」 に関する記事を紹介しています。
646195.jpg

ついに先日発売となったPSV用アクションシューティングゲーム「バレットガールズ2」のインタビューが面白すぎたので紹介しますw

ただあまりにも長いインタビューなので、全文はソースを見ていただくとして・・・当ブログは画像を中心に紹介したいと思います。

まずこだわりまくった表情パーツ。当ブログでは目だけ紹介します(ソースに口、表情あり)
658100.jpg

プロデューサー臼田氏:(目、口、表情を組み合わせた画像を)「これどうですか?」といってシェードさんから送られてくるものが、相当過激なものだったりするんですよ(笑)。「さすがにこれはダメです!」と止めたものも多々ありました。」
実際にゲーム内ではプレイヤーの行動次第で激しいシゴキによってそういう表情も生成される可能性があるようで、開発が意図していないという注釈がついていましたw

で、その「酷すぎたパターン」というものの一部がこれ↓(アイマスクは完全に没アイテム)
658092.jpg

658093.jpg

あまりにもそっち方面に突出しすぎたせいでゲーム内では見られないシチュエーションだそうですwたしかにやばいぞ・・・w

ディレクター森山氏:あとは、「涎を垂らす」というのもあったんですが、これもボツになりましたね。ほかには、「胸に挟む」というのも実装してみたんですが、これも最終的にはボツに。



臼田氏:あと、絵的にインパクトがあるのは、「うなぎ」ですよね。ちょっと「触手プレイ」的なものを入れたかったんですよ(笑)。

──それで「うなぎ」に白羽の矢が立ったと。
646221.jpg

臼田氏:蛇とかだとリアルすぎるし、食べる物なら口にくわえてもいいだろうと思いまして。尋問する方もされる方も、精がつきそうですしね(笑)。


658095.jpg

グラフィック担当 高橋氏:こちらの彩の画像は、ゲージがMAXに達した時に挿入されるカットインのうちの1つです。本作ではカットインを複数用意しています。このカットインは多様なニーズに対応できるように、キャラクターの顔、おブラ、おパンツ、が全て画面に入るように気をつけています。

というわけで・・・後は「おブラとおパンツ」のテクスチャの詰め込み過ぎで容量が3G近くになったことなども話されています。
インタビューページはこちらから


いやぁ・・・なんてこった。中高生の諸君、本作購入したかな。これは健全で誰でも遊べるアクションシューティングタイトルだからね。アクションゲームやりたいな〜、TPSプレイしたいんだよな〜で手にとったタイトルがたまたまこれでも仕方ないよね。

前作はやや難易度が高かったけど、それらの意見を汲みとって改善したバレガ2、どれほど売れるのか・・・!
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/5911-896736fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック