いよいよ発売迫るFF15!!FFヴェルサス13だった頃の歴史を振り返ってみよう!

ここでは、「いよいよ発売迫るFF15!!FFヴェルサス13だった頃の歴史を振り返ってみよう!」 に関する記事を紹介しています。
いよいよ29日の発売が迫るファイナルファンタジー15。
知ってる人も多いと思いますが、元々FF13のクリスタルと同じ起源を持つ「ファブラノヴァクリスタリス」シリーズの一本、「ファイナルファンタジー ヴェルサス13」が今作でした。

その頃の歴史を振り返る記事です。発売前に気分を高めておきましょう。

ひとまず最初期のトレーラーからどうぞ。



ノクティスですらだいぶ雰囲気が違います。ですがほとんどのイメージはそのままで、愛用の武器も現在と同じくエンジンブレードです。
王、という雰囲気が印象的なトレーラーですね。

そして続きからで更に色々紹介です。


続いてヒロインがステラだった頃のFFV13のトレーラーです。まだ声がついていません。たしかFF7ACCの特典についていたトレーラーがこんな内容だった覚えがあります。


そしてノクティスとステラの会話された建造物が、映画版FF15にて使われたことで「スタッフ達が喜んでいた」という話しを映画のコメンタリーでしていました。ステラはヴェルサス以降、造形が変更され「ルーナ」に名前が変わります。どちらも夜をイメージする名前ですが、ノクティスと旅の題材でより重要な「月」がヒロイン名になったわけですね。
また、ルーナとステラの違いとして「子供時代にノクティスと知り合っていない」というところでしょうか。ルーナは子供時代のノクトがテネブラエに遊ぶに来た際、お世話係兼友達お姉さんのような存在としてFF15では一定の信頼関係が築かれた上でストーリーが進んでいきますが、こちらのステラは「ノクトに初めて話しかけた」という事になっていますね。


また、当時のステラは魔力を持った戦うヒロインであり、ノクティスと対峙するようなシーンもありました。
他キャラのグラフィックもノクトの父であるルシス王、仲間キャラのイメージもかなり違いが有ります。
(公式のものが残っていなかったため、画質の悪いユーザーアップロード版の紹介です)



という感じで、ノクティスと対決するようなシーンも描かれています。
対してルーナは意志の強さと多少の魔法適性(バリア程度)を持った一般人であり、自分の行動だけで周りの環境を変える強さを持った人間に描写されています。
白いマントの男も既に描かれていますね。現在では中村悠一さんが声を当てる王権を狙うテネブラエの王族と同一人物だと思われますが、この当時の野心も現在と変わらなそうですね。


そしてついに披露されたのが、「ヴェルサス版」ゲームプレイ動画です。
もうこの頃には声優も決定していますが、そのイメージは大きく違います。
また、動画の序盤には前の動画で紹介したステラとの会話シーンが入っていますが、会話内容が少し変化しています。



元々Versusが「13と対をなす物語」として作られていたため、女神エトロに対するノクティスの印象がライトニング(エトロの騎士)と真逆であることが語られるようになっています。この頃の特別な力の持ち主はみんな「エトロの光が見える」事、ノクトもステラも似た魔法陣を戦闘で展開している事、そしてステラが為すべき事、と言っているのは「ルシの使命」に基いていることが伺えるので、やはり明らかにルシだったのでしょう。

そしてキャラクターの性格がかなり違います。今は息子想いで素晴らしい為政者として君臨するルシス王が、この映像では独裁者のように描かれています。ノクティスもお坊ちゃまに育てられているのか、尊大な態度で仲間を困らせているような雰囲気です。
ちゃっかり女性竜騎士アラネアも既に登場しています、初期からいたキャラの一人であることは間違いないようです。
ゲーム的にはまだ3人パーティ。ハードのスペック的な問題もあったのでしょう。


そしてついに発表「世界は常に変化する」のトレーラー。E3で発表された際、大歓声と狂気狂乱を持って出迎えられたタイトル変更を含めたトレーラーがこちら。


このトレーラーを持って、女神エトロやルシ伝説はこの世界から一掃されることになりました。魔法の力は「王の指輪」に選ばれた人間が周りに与える影響ということになったわけですね。(王の指輪使用による副作用である老化も設定に取り入れられ、ルシス王の姿が今後のトレーラーで急激に老けていくのも印象的です)
キャラの衣装などはここで定着したのか、これまでのトレーラーと違って今とほぼおなじですね。
この動画にあるルシス王と帝国の王の対峙シーンは映画版で実装されることになりました。
国の幹部たちが召喚する剣と銃を突きつけるシーンは当時のトレーラーでの見せ場でもあり、このシーンは映画でがっつりと取り扱われたことでユーザーの印象に残っているシーンとされているようです。

後半で見ることの出来るゲームプレイは、UIやシステムがダスカ編からプラチナデモで大きく変わったこともありますし、やはり現在のモノと大きく違っていますね。
また、ルシス王国内での戦乱の様子を描いているシーンは恐らく映画版FF15の主人公、ニックスが引き受ける部分に変更されたのではないでしょうか。

この他にも多数のトレーラーが公開されていますが、ファイナルファンタジーヴェルサス13だった頃のものはこんな感じですね。
現在と大きな変化です、まさかタイトルが変わるとは。
さて、楽しみすぎるFF15・・・発売が待ちきれません。

最後に最新のシネマティックトレーラーを置いておきます。見るなら字幕オンで見ましょう。
新鮮な気持ちでプレイしたい方はスルーで。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/6470-80c01b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック