今週の週販!ファイナルファンタジードッグス

ここでは、「今週の週販!ファイナルファンタジードッグス」 に関する記事を紹介しています。
今週のメディクリ週販実績報告です。ついに出たFF最新作!

1位 ファイナルファンタジー15(PS4) 69万
2位 ポケモンサンムーン 22万 218万
3位 マリオメーカー3DS 16万
4位 ウォッチドッグス2 3.9万
19位 ファイナルファンタジー15(Xone) 0.3万


PS4 11万
N3L 5.3万
PSV 2万
2DS 1.7万


続きからでちょろっと!



というわけで・・・とうとう発売となったFFナンバリング最新作!
当然のようにPS4で最も素晴らしい出だしを記録しました。

PS4 RPG
ペルソナ5 26万 35万
テイルズオブベルセリア 17万 21万

シリーズ
FF13 151万 190万
FF零式 50万 69万
LRFF13 27万 37万


というわけで、PS4としては快挙の数字ながら、FF13を見ると戸惑ってしまう結果に。
とは言えFF13の頃はまだまだ日本のゲームが世界の最前線だと思われていた時期で、盛り上がりも半端じゃなかった。今回は世界で売る中の一つの日本と言うか・・・言い訳臭くなったけど、DL版も人気ということで実売はもっと出ているので、初日500万なのに日本の売上低すぎ!!なんてことは無い。DL版購入者は(評価数が購入者の1〜2%という統計に基づいて計算すると)少なく見積もっても10万程度は見込めているので、国内でも世界販売数の無視できない位置にはあるはず。FF15の売上が悪かったら世界のゲームメーカーから扱い悪くなるんだろうな〜と思ってたけど、この売上なら評価が落ちることは絶対無い。というか既にミリオン近くてもおかしくない。

ゲームの方は非常に高水準な次世代RPGを体験させてくれる大作に仕上がっている。終盤に急ぎ足で描かれるストーリーは今後のアップデートで改善されるなど、ゲームの根底を塗り固める素晴らしい更新も用意されているようで、その上更に仲間キャラ全員分の追加エピソード、新キャラプレイアブル、VRモード実装まで控えているのだから評価するにもまだ早すぎるというもの。
とは言え個人的には最高の一本。PS4ユーザーは絶対に体験すべきだし、買うか迷って変な評価に踊らされて結局買わないなんてもったいなさすぎる。
ファイナルファンタジーという、日本のRPGの最先端を走ってきたシリーズの革新的一作。ここで開けた世界のRPGに興味が湧いたなら、外国の作ったRPGも是非プレイしてもらいたい。そうやって売れていけば日本のゲーム市場の地位も上がるというもの。


続いてPS4にはウォッチドッグス2も登場。流石にタイミングが悪かったのでは。

ウォッチドッグス(PS4) 6.3万 8.5万
GTA5(PS4) 8.1万 15万


続編モノは流石UBIというところで、前作で不評だった部分をうまく払拭できているそう。
前作ですらなかなかおもしろかったものが更に磨かれたということで、評価はかなり高め。やっぱりネックは発売日だったか。
なのでゲームラッシュが落ち着く時期がくれば手に取る人も出てきそう。
前作で匂わせたアサクリシリーズの関係も含めていつか遊んでみたい作品・・・。


ハードはPS4が超ブースト。FF15の同梱版が販売のほとんどだと思われる。
3DS系統もポケモンブーストが続いてる模様で、こっちはクリスマスかお正月までこの調子だろう。
PSVもクリスマス仕様の発売で若干勢いがついた。やっぱりマイクラが人気らしい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/6503-47933d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック