PlaystationPLUSの次回更新内容がサラッとほんの少しだけ公開。今んとこ微妙・・・

ここでは、「PlaystationPLUSの次回更新内容がサラッとほんの少しだけ公開。今んとこ微妙・・・」 に関する記事を紹介しています。
いつものPS+の更新の紹介は発表されていないのですが、別のページにさらっと記載されていました。

今月もPlayStation®Plusでは、『Everybody's Gone to the Rapture™ -幸福な消失-』や『Republique』などをはじめとする、多数のフリープレイを中心に、スペシャルとして各種インゲームアイテムやさまざまな映像なども楽しめるコンテンツを配信中。



ということで、毎回最初の発表よりも更新内容は多いのが常ですが、ひとまず2タイトルが発表です。
今日はあんまり記事も無いのでこの2本を軽く紹介しておきます。

まずEverybody's Gone to the Raptureの方から。こちらは完全吹き替えされたソニー的不思議タイトルの一つで、俺も好きなソフトの一つ。アクション要素は一切なく、ミステリー要素を含んだ田舎のオープンな村を舞台に、プレイヤーは歩き回って「村にだれもいないのは何故なのか」という謎に迫っていくようなストーリーです。

everybodys gone to the rapture august games

綺麗な村なのですが、至る所で「過去の村の残滓」が会話をしています。それを聞いて村を探索していくと、その村で何が起こったのかを知れるわけです。雰囲気ゲーとしては去年のベストにも近いほどのものでした。

114485.jpeg

ちなみに一人称で「P.T.」のような雰囲気も感じるかもしれませんが、ホラーゲームでは無いですし、謎解きパズル要素みたいなのも無く、ゲームオーバー要素も無いので安心して遊ぶことが出来ます。歩いて探索する小説のような世界ですね。やってない人でこういうのが好きならかなりオススメです。


そして2本目のRepublique。非常に目立たないタイトルでしたが、なんとMGS4の開発に参加していたクリエイターが作ったステルスゲームです。
もともとはスマホゲームでしたが、当時からハイクォリティだったため、操作系をPS4に適応させての発売になりました。
ディストピアな世界で洗脳を待つ少女が主人公で、プレイヤーはハッカー。画像にある手前の少女を誘導して施設から脱出させるのが目的です。
republique-screenshot.jpeg

プレイヤーはハッキングを使って監視カメラで警備員を監視、誘導したり、攻撃アイテムを探して少女に与えたりして進みます。
少女はスネークのように屈強ではないので、基本的にステルスのみで戦闘は無しのゲームです。メタルギアと比べるとかなり地味な感じかも。吹き替えも無しなのが残念極まりない作品。


どちらも持ってなかったら嬉しかったな・・・どっちも持ってるんだよね俺・・・。
でもやったことない人にはオススメです。
あとは他のフリープレイでいいのが来るのを期待するしかないか・・・頼むよソニー、個人的に最近の更新は持ってるのばっかりでね・・・。

更新日は11日の水曜日です。まぁ楽しみは楽しみかな。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/6579-d84db312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック