今週の週販!Horizonがかなり好調な出足!!

ここでは、「今週の週販!Horizonがかなり好調な出足!!」 に関する記事を紹介しています。
今週のメディクリ週販実績報告です。
新作のHorizonと、ついに発売のニンテンドースイッチ登場週ですね。

1位 ゼルダの伝説BoW (NSw) 18万
2位 Horizon Zero Dawn 11万
3位 1-2-Switch 7.9万
4位 ゼルダの伝説BoW(WiU) 4.4万
5位 ニーアオートマタ 3.8万 23万
6位 スーパーボンバーマンR 3.6万
7位 ドラクエヒーローズスイッチ 2.5万
19位 ウイニングポスト8 0.5万

NSw 32万
PS4 3.1万
N3L 1.8万
PSV 0.9万


というわけで、今週はスイッチ週でしたね。
なんだかんだで売れるゼルダ。場所によっては「Horizonのほうが出てる」と言う店もあったそうなのですが、やはりパワーが違いました。

そして当ブログ的には本命の「Horizon Zero Dawn」が新作2位で登場。ソニーのゲリラゲームスの手がけたアクションRPG大作、発売前から多くのレビューで高得点をマークしていた作品。
新規IP、なおかつ洋ゲーで11万と、一昔前からでは考えられないほどの好調な出足。なんせPS3で発売されたGOTY級RPGのスカイリムですら当初は初週で10万を超えられないほどでしたから。

ウィッチャー3 6.7万 12万
FF15 69万 94万
ファークライプライマル 2.5万 3.8万
仁王 7.5万 12万
ダークソウル3 21万 28万
ニーアオートマタ 19万 23万
グラビティデイズ2 7.4万 10万


対抗馬はウィッチャー3かなと思ったら、余裕で超えています。
同じ「オープンワールドRPG」「基本的に主人公が一人(+乗り物)で冒険」でありながらこれだけ差が出るということは、やはりホライゾンの「モンスターハンターライク」な点が日本ゲーマーに馴染みやすくて注目を集めているのでしょうか。女性主人公というのもいいのかなとちらっと思いましたが、美少女キャラというわけでもないし、こっちは大きな注目というよりは要素の一つって感じだと思うんですよね。
また、開発のゲリラゲームスは我らが小島監督とタッグを組んだスタジオ。今作に使われている「DECIMAエンジン」は、小島監督の新作「デスストランディング」でも使われますので、その予習にもぴったり。

とにかくおめでたいです。ゲーム内容も非常に面白いので今後も売れ続けていくことでしょう。

本当にソニーのガチタイトルはハズレがありませんね。今年もグラビティデイズ2、ホライゾンと今のところゲームオブザイヤー候補なタイトルしか出していません。

それからニーアが現在も順調に売れ中。
ドラクエヒーローズは移植ということもあるので仕方ないけど、PS版の10分の1にも満たない数字でのスタート。(DQH2が初週37万スタートでした)

それからランク内ギリギリにウイニングポストが登場。
ハードではスイッチが32万を売上、現在欠品状態に。ソフトもほぼ一本の目玉だけでここまで売れるのだから、やはりパワーがあります。
とは言えPS4はどこ吹く風という感じで、先週と変わらないような売上を記録。今後どのタイミングでスイッチと拮抗を初め、追い抜き返すのはいつになるのかも楽しみなところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/6721-970763fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック