PSVR用ソフト「Farpoint」は家ゲーの歴史を1000%変えた!没入感マッハの脳汁ブッパゲーム

ここでは、「PSVR用ソフト「Farpoint」は家ゲーの歴史を1000%変えた!没入感マッハの脳汁ブッパゲーム」 に関する記事を紹介しています。
ついに購入したわけです、PSVR。一体どれだけ待ったんでしょう、8ヶ月くらいですか?
実はですね、今回も全く買える予感がしなかったんですよ、でも先にFarpointだけは買っておこうと思いまして。何と言っても今作には特別なコントローラー「シューティングコントローラー」が付属しますから。(長いので以下シューコンで)

(この兄さんが持ってるやつ)
FARPOINT-REVIEW.png

これが確実になくなるだろうなと思い、発売日に量販店に即Tel。置いてあることを確認してマッハで確保に向かいました。そのときに余裕で買えたのですが、結局のところVRが無いから遊べなかったんですね。
でもそんな時、再販するサイトをチェックせねばと回っていたヨドバシコムで販売開始、それを確認したのが販売開始の10分後だったという奇跡に(本当にたまたま)見舞われてやっとこさ買えたわけですよ。

で、遊んでみたんですよ記念すべき俺のVRデビュー1作目、「Farpoint」。これ凄すぎです。
まずシューコン。長銃タイプで良い重みがあり、ちゃんと振動もします。これ持ってゲームすると本当に銃撃ってるみたいで、それだけで興奮するんですよね。精度もバリバリ。ちゃんとエイムせずに感覚で連射して次々と敵を倒せると映画スターになった気分。

そんなシューコンを使うFarpoint。宇宙モノというか、未開惑星を調査するような内容で、原生生物と戦いながらはぐれてしまった自船の乗組員を探すような導入で始まります。
で、これのリアリティですよ。単なる「特殊コントローラーを使ったFPS」にあらず。
中身のリアリティが非常に凝っていまして、例えば自船内では銃を振り回して物理演算と遊ぶことが出来ます。




シューコンも好きなスタイルで射撃可能。特殊部隊のようにしっかり構えて撃つのが一番精度がありますが、映画のマフィアみたいに片手で乱射するのも一興。しかもこれ、銃口を自分に向けて撃つことも出来るというネタもw(やりすぎると死ぬw)




これ、本当にシューコン構えて遊ぶだけでも相当面白いです。
今は生産が追いついていないようでどこも売り切れていますが、PSVRを持っている人、これから購入予定の人、ゲームに体験を求めるプレイヤー、家で未来を遊びたいプレイヤー、全員要チェックです。と言っても俺はまだ序盤の序盤なんだけどね。

とにかくここには未来がありました。最高の体験です。シューコン対応のゲームは今のとこ本作だけで、次に出るのは特殊部隊のシューターだったかな(海外ではゾンビものが出る予定だったかも?)。とにかくまだ全然予定ソフトがないので手を出しづらいと思われるかもしれませんが、売れれば売れただけソフトの需要も出て対応ソフト数が増えていきます。
俺はとにかくおすすめです。一応Farpointはコントローラーでも遊べるタイトルですが、今作は絶対シューコン使って遊んだほうがいいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/6996-82724e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック