国内PSストアで気になるPSVR向けタイトルが複数配信開始!全部紹介するよ!

ここでは、「国内PSストアで気になるPSVR向けタイトルが複数配信開始!全部紹介するよ!」 に関する記事を紹介しています。
昨日今日とでいくつかのPSVR向けタイトルが配信開始されました。それらについてを動画とメモで紹介します。

更新日時が早い順に紹介。まずはステルスホラーゲーム「Stifled」シンガポールのインディチームによる作品
盲目な主人公と音を使った攻略から当時有名になり、当ブログでも何度か取り上げました。インディホラーとしてアワード獲得数も非常に多い傑作VRホラーです。


主人公が知らない空間はモノクロで表現され、自宅はカラーに音の反響が消えたところは白けて消えていくという演出がされていますな。音を立てないと見えない、でも敵に気づかれてしまう・・・というホラーゲームらしい技法が使われています。

続いて「ザ・ウォーカー」
こっちは中国の開発チームが制作した全方位シューター。こっちも(上ほどではないけど)アワードを獲得しているタイトル
銃と剣、そして護符による魔法で攻略する作品。


動画は約1年前のモノでテックデモみたいな内容なんだけど、大体のゲームプレイは一緒、グラフィックはこっちのほうが上かな。
でも大体こんな感じの作品と思えば間違いないですね。

続きからでもう2本紹介しています。


続いての作品は「18Floors」
アンアーシング・マーズを開発した台湾のチームによる作品で、パズル系脱出ゲーム。ホラーっぽいけど雰囲気だけっぽい。



約18のロケーションでパズルを解いてストーリー全体の謎にせまるという構造の作品みたいだけど、現状では最序盤しか実装されておらずアプデ待ちの状態みたい。とはいえそれでも楽しめるほどの内容になっているそう。
アンアーシング・マーズも多彩なゲームプレイが用意されていたので、今作にもそういうバラエティ豊かな作りに期待出来そうかな。


最後に紹介するのは飛行機ゲーム「Ultrawings」
単なる飛行機ゲームではなく、リアルな操縦感覚に重きが置かれているとのことで操作は複雑なんだとか。


違うタイプの飛行機に乗ることが出来て、のんびり飛行したりミッションに挑戦したり出来る内容。
エスコンのようにビュンビュン飛び回るタイプではないにしろ、各種スイッチの仕様やMoveを操縦桿に見立てた操作など、「飛行機を操縦している」という感覚を味わいたいならかなりポイントが高い作品であるらしい。Move操作が難しくてもデュアルショックで遊べるとのこと。エスコンの予習に良いかもしれない・・・?


というわけで、昨日今日と配信されたいくつかのVRタイトルの紹介でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/7735-9355175e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック