FC2ブログ

ぷれあい的ゲームオブザイヤー2018!!ドゥルルルルルルr・・・・

ここでは、「ぷれあい的ゲームオブザイヤー2018!!ドゥルルルルルルr・・・・」 に関する記事を紹介しています。
GOTY2018

毎年恒例、当ブログ管理人がらむまさら氏のプレイしたタイトルからのゲームオブザイヤーを選出する記事です。
今年もなんだかんだ豊作でした・・・俺何遊んだんだっけな・・・そっからだ・・・

ちょっと長くなるので続きからでどうぞ!



ベストアクションゲーム
c0417_Spider-Man_PS4_Selfie_Photo_Mode-1024x576.png

受賞 スパイダーマン
やっぱりこれでしょう。移動してるだけで楽しいオープンワールド。戦闘も誰がプレイするか次第で肉弾戦スパイダーマンが出来たりトリッキーに動き回るスパイダーマンになったり、アサシンが如く忍者スパイダーマンになったりと、とにかく全ての自由度が高かった。
ほとんどの要素は遊べたんだけど、まだプラチナ取れてないのは心残り。でもとりあえず今年のアクションはこれ。

ノミネート ロックマン11 いつものロックマン。普通に面白かったし次回作も期待してる。新ギミックのギアも楽しいし、難所を乗り越えた達成感はひとしお。こういう形での最新作を待ち望んでたしね。



ベストインディゲーム
2018-03-14-103408.jpg

受賞 VA-11 HALL-A
PSでの発売は2017年中ではあるんだけど、年末の発売だったので今年に持ち越しで受賞ってことで。
お酒を作るだけというシステムで見事にアドベンチャーしていて、バーテンダーの視点で面白おかしく他人の人生に介入していろいろな事を考えさせられるような作品。シナリオの進行に合わせて主人公自身の抱える悩みも明らかになっていき、それとどう向き合うかというのが日本リスペクトな可愛い絵と文学的に生きることをテーマに描いた秀作。

ノミネート 2064 ROM
上記ヴァルハラの世界と同じ世界を共有する別チームのSFアドベンチャー。こっちは一昔前の推理モノアドベンチャーのように、単純にプレイして面白かった。でも個人的にはヴァルハラの方が好きだったので。



ベスト対戦ゲーム
5e7a678bf90ade13e474fccbf41d5763.jpg

受賞 ソウルキャリバー6
これが待ってたソウルシリーズだった。シンプルで奥深い戦闘システム、ひたすらやり込めるシングルプレイモードと、これぞソウルキャリバーファンが待望んだSCという感じの作品だった。キャラの復刻もそうだし、原点回帰的な内容も含めて全て+評価。最高です。

ノミネート ディシディアFFNT
もちろんこっちもすごく面白い。一人プレイもあるし、DLCで登場したキャラも個性的でいいし。ただ個人的にはソウルキャリバーには負けたかな・・・もちろんFFやチームバトルアクションが好きならすごくおすすめの作品。




ベストVRゲーム
18ca1480-s.png

受賞 デラシネ
ソニーとフロムがブラッドボーンチームを使って作った作品が面白くないわけがなかった。VRとして楽しめる子供たちの日常鑑賞から始まって、いつまにかダークに落ちていくストーリーに自分が組み込まれて悲壮な運命を辿るキャラ達をどう助けるのか。プレイヤー=妖精という設定の秀逸さ、ブラッドボーン2を意識させるような設定などファンサービスも満点。プレイ時間は少ないけど値段を考えれば良質な体験を与えてくれる一品だった。



ゲームオブザイヤー

20170919-mhw-2-01.jpg

受賞 モンスターハンターワールド
やっぱこれかな!最初は要素が少ないかなとか思ってたフシもあったけど、なんだかんだでアップデートで今でもプレイするし、仲間内でわいわいプレイするというのは結局楽しいの一言。まだまだ追加要素も用意されるし、氷の大地も実装を控え、ますます期待しかわかない今年の傑作。実はポータブル時代はゴッドイーター派だったんだけど、PS4世代の狩りゲーで見れば断然モンハン派。あまりゲームに時間を取れなくなってきた中でプレイ時間200だか300って時間を自然と超えてくれた作品。

ノミネート
ゴッド・オブ・ウォー
デトロイトビカムヒューマン
この2作は普通に受賞ってしても良かったんだけど(スパイダーマンをオープンワールドにして、GOWがアクション、ベストアドベンチャーでデトロイトみたいな)
どっちもゲーム的にも面白い上にストーリーも楽しめるし、クリア後の余韻ややりこみ要素、何もかも一般的なソフトを遥かに凌駕する傑作。




蛇足オブ・ザ・イヤー
今年、実はスイッチデビューして、ゲームキューブ以来のニンテンドー据え置きハードデビューをしたんだけど、やっぱりここ(GOTYノミネート)を超えるソフトは無いかな。もちろん任天堂ソフトってすごく面白いんだけど、あれの面白さって「プレイして楽しい」にとどまるんだよね。友達とワイワイ楽しむとか、できの良さから有意義な時間を過ごせるだとか。
でもPS良作ゲームっていうのは楽しいというラインの上に「心に刺さる」ってのがあって印象に残りやすいのかなと思ったかな。ゼルダブレワイがそれに近いのかなと思ったけど、あっちはあくまでプレイヤーのロールプレイ補助程度のストーリー要素で、テーマで言えば上記した作品には少し及ばなかったかなという感じ。(そもそも毛色が違うゲームで比較するのは野暮だし、ゲームとしてはすごく面白かったよ)
とにかく、今年も豊作でした。来年もいろいろ遊ぶぞ・・・まずはバイオとキングダムハーツからスタートや・・!スイッチはとりあえずスマブラ遊んでればいいのかな・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/8079-68e46b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック