fc2ブログ

夏の夜のお供にホラー映画でもいかが?

ここでは、「夏の夜のお供にホラー映画でもいかが?」 に関する記事を紹介しています。
夏はホラーが恋しくなる・・・っていう人は結構多いんじゃないでしょうか。
ワーナーのブルーレイがこれでもかっていうほど安くなっているので、いくつか見ごたえのあるホラー作品を紹介してみます。
続きからどうぞ。

あと楽しみにして、(どんなものでもそうですが)前情報を得ようとWikipediaなどで調べたりは絶対にしないほうがいいです。


この娘、どこか変だ。"エスター"

美少女が熱演した主人公、エスターという不思議な能力を持った子が・・・・という話です。
ホラーの色合いとしては和っぽい感じがあるのですが、パニック的な要素も含まれています。
「この娘、どこか変だ」という言葉はCMなんかでもよく流れていました。

1974円という値段も破格です(普通に買ったら5000円くらいするので)



実際にあった怪奇現象の再現映像を交えて描かれる恐怖。"フォース・カインド"


日本では「本当にあった怖い話」というものがありますが、あれのハリウッド版という感じでしょうか。
"実際の事件"を題材にしていて、再現映像なども交えられ、めちゃくちゃリアルなのですごく怖いです。
ホラーの色としては「怖いのが来るよ」という提示があってから、シーンが出るので心の準備はできますが・・・でもこれが本当の事件だと思うとかなり怖い・・・そんな感じでしょうか。これも約5000円が1974円に値下げ中です。



全編FPS視点でホラー映像を見る。"REC"&"REC 2"&"クアランティン"


なんと主観視点による映画です、そういったものはいくつかありますが、これは本格ホラーです。
というか、もう完全にゲームみたいなもんですね、ホラーFPSをやりたい人はバッチリ・・・かもしれません。
REC1,2はスペインで製作されたオリジナルバージョンで、クアランティンはハリウッドで"REC1"をリメイクした作品になっています。どちらも全編FPS視点です。とはいっても、主人公がビデオカメラで撮影しているという設定なので、ビデオカメラのような演出が入ります。

ちなみに内容は・・・サイレン、バイオハザード(1、2)のような和ホラー的な演出が多いところがポイントです。
更に閉鎖空間におけるホラー映画で、外も中も危険という逃げ場のない恐怖が更に怖さを引き立てます。
RECシリーズは販売元が日本であまりメジャーではないので割引はあまりされていないですが、クアランティンはソニーピクチャーの作品で1900円以下で買える値段に抑えられています、買うなら今ですね。しかも日本未公開です、もちろん吹き替えも収録しています。






謎を解くまで、その島から出られない。"シャッターアイランド"



内容はミステリー、サスペンスですが、主演がレオナルド・ディカプリオということで紹介してみます。
ティカプリオは現在インセプションで日本に来日したりとテレビでもよく見かけると思います。
何度見ても新しい謎を発見できる内容で、1度見ただけでは不完全燃焼になること必死な作品です。



とりあえずこれくらいでしょうか。
エスター、フォースカインドは地上波放送があったような気がするので、一度見てる人もいるかもしれません。
オーメンなどの有名作品もありますが、とりあえずはスルーにしておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psmaira3.blog35.fc2.com/tb.php/875-d9236387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック